スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人と学生どっちが大変?

2012-04-26
社会人と学生って、どっちが大変なのでしょうか

よく聞くというか、定説となっているのが
「社会人は大変、学生は楽」という風潮です
とにかく会社、仕事は辛く厳しいが
学校、勉強は楽しい、仕事に比べれば楽という感じのようです。
はたして本当にそうでしょうか

まだ学生だった頃、
「仕事は厳しい、社会人になったら大変」
「学校は楽しい、勉強さえしてれば良い学生は楽」
親や先生どころか、テレビ等のマスコミも含め
働く大人達によく言われた覚えがあります。

学生の方は、こういったことを聞いて、
将来に対し、漠然とした不安を覚えるのではないかなと思います。
私も実際そうでしたし

しかし、いざ社会人になって振り返ると、
一番辛く大変だったのは、「高校時代」(特に受験生時)です。

当然、社会人となれば責任も重くなりますし
ノルマだ残業だ人間関係だ、辛そうなことをよく耳にします。

ただ、高校生だって大変です。
試験と点数に追われ、志の高い人は、日付けが変わるまで勉強なんて当たり前。

1人でコツコツ勉強は、個人的には会社で残業より辛いです。

その上、衣食住すべてに制限がかかってしまう高校生よりも
まだ生活が自由な社会人の方が楽しいのではないかと思います。

「学生の方が楽」という決めつけを一般論として唱える大人は
社会人をやっている自分は偉いんだと誇示したい、
学生時代に思い出補正がかかっている、
もしくは学生時代、苦労して勉強してなかった人達だと思っています。

苦労から逃げたんだから、そりゃ楽だっただろーって感じです

・・・こんな記事を書いて何が言いたいんだというと
「受験生になったが、勉強が辛くて仕方ない」というメールを数通いただきまして
そもそも、勉強は辛くて大変なんだって事が言いたいのです。

受験生の方は、人生でトップクラスに過酷な試練に差し掛かっているということで
ここを乗り切れば、いっきに楽になるんだ、
自分だけでなく、勉強している人はみんな大変なんだってことで
何とか頑張ってもらえればと思います

とはいえ、まだまだ焦って勉強するような時期でもないですけどね。
じっくり土台を作っていきましょう♪

ちなみに、私がこのブログを始めた理由は、
大学受験や資格試験に関わる勉強の辛さを少しでも軽減したいと思ったからです。
勉強する上で、負担を減らせる方法や、効率的な勉強、やる気の出し方・・・
良いものがあれば必ず報告しますので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

と、最後は宣伝っぽく締めるのでした

今日やることメモ

2012-04-21
勉強に関して「今日やること」をメモしておくと良いかもしれません

勉強を始める前に、今日はこれ位は出来るだろうという目標を立て
ザックリで良いので、リストアップしてメモしておきます。


メモは、どうせその日しか使わないので
ワザワザ良い紙を用意しなくても、いらないプリントの裏とかでOKです

平日は仕事や学校が長引いたり、
仕事の残りや準備があったり、サボれない宿題があるなど
あまり自由にできる時間が無く、出来ることも少ないので
わざわざメモにすることもないかもしれません。
ただし休日など、自分の時間が多いときは効果的があると思います

私個人のやり方ですが、メモの使い方を紹介してみます。

①勉強に関して「今日やること」をリストアップする
その日に使える時間から、勉強する項目をリストアップしメモします。
紙は何でもいいし、ザックリした目標で構いません。
ただし目標を表すときは時間で表すのではなく、
ページ数や単元の数など、極力成果量で表します。

「数学の第5章を1時間」ではなく、「数学の5章の練習問題3問」など。

目標は無理のないものにしましょう。
以前の記事で似たことを書いているので、良かったら読んで下さいね。
 →日々の目標は、高すぎると成績を下げる

②作ったメモをもとに、勉強をする

③メモしたもので、達成したものは線を引いて消す
ここが1番重要です。
こうして、リストアップしたものを全て消せるように頑張りますが
消せないままでいると、何だか気持ちが悪いものです。
この気持ちが案外大切というか、
勉強を進める上で効果的だなって感じます

以上です
ちなみに、
目標を時間ではなく成果量で表すのは、
気分が乗らないときや、分からない部分があったとき、
ダラダラと勉強時間だけが増えるのを防ぐためです

それで目標達成とするのは、流石にどうなんだということです。

↓メモのイメージです。達成したものから消していきましょう
PA0_0015_convert_20120421195847.jpg

私は優先順位ごとに番号を振ってますが
結局は気が向いたものからやるので、あまり意味をなしていません。笑

最後に、メモを作ること自体は2~3分程度ですが
これを面倒くさいと感じでしまう人にはお勧めしません。
メモを作ること自体が勉強のハードルになっては勿体ないです
私自身も、休日は必ずメモを作るという訳ではなく
「今日はやるぞ」っていう時にだけ作っていますので。

運動や仕事との両立は辛い・・・

2012-04-19
「文武両道」響きはとても格好良いですよね。
しかし実際、勉強と何かを両立するというのは大変なことです。

おこづかい稼ぎのアルバイトや、趣味のスポーツ程度なら良いですが・・・

生活のかかった労働、毎日過酷な練習を行う部活動となってくると
勉強との両立は、体力的にも、精神的にも非常に厳しいものとなります。

やる気が出ないとか、集中力が続かないとかいう事でなく
勉強がキツイ、辛いという言葉が正しいように思います。
つまり、勉強するには体力や精神力が必要なんだなぁと感じています
これを仕事やスポーツで消費してしまうと大変です。

しかし仮に、そこで歯を食いしばって勉強を頑張れたなら
その人は間違いなく大成するでしょう。
きっと、何をさせても出来る人になります。

・・・と、そんなことを思いながら、最近仕事に時間をとられる私は
勉強をサボり気味なのでした

高いレベルで勉強と仕事・運動を両立させていられる方、
本当に尊敬します。

私もそうなれれば良いんですが、如何せん面倒くさがりというか
まだ自分に甘い性格なので、なかなかその域まで到達できません

とはいえ、無理して潰れてしまっては元も子もありませんので
自分にとって最も相応しい勉強の仕方というのを探していきたいなと思います。

目立たない内職の仕方

2012-04-18
学校で会社で、どうでも良い授業とか講義とかってありますよね
もしくは先生や講師の人の興味の湧かないお話とか。笑

そんなとき、せっかく大人しく座っているのだから
時間を自分にとって有効に使うため、こっそり他の勉強をします。
これがいわゆる「内職」です

内職を堂々と出来る環境なら良いですが
あからさまに他の勉強をするのは気が引けるという場面は多いです。
今回はそういうときに役立つ方法を紹介します

紹介しますといっても、方法は簡単で
クリアファイルを活用するというものです。

①勉強したいものを用意
参考書やノートの縮小コピー、ファイルから外したルーズリーフ等、
勉強したいものをノートや本ではなく、紙の状態で用意します。

②クリアファイルに紙を挟む
クリアファイルは透明ではないもので、
中がハッキリ見えない程度に色が付いたものが良いです。

③見たい時にクリアファイルを上から軽く押す
中の紙に書いてあることが透けて見えます。

クリアファイルを置いておく位なら何も思われないでしょう。
パッと見て、中に何があるかは分かりませんし
仮に他のものと分かっても、それを出している訳ではないので
普通なら先生や講師の人が気にするとは思えません。
PA0_0016_convert_20120418192412.jpg

しかし、上から押すと中の紙の内容が読めます。
いちいち机の中から出したり、ノートの下に隠したりするより
気付かれにくく、お手軽な方法だと思います。
PA0_0014_convert_20120418192436.jpg

私はよくする体勢は「頬づえ」です。
配られたプリントやテキストを読んでいるふりをして
その頬づえをついた腕のひじでクリアファイルを押して中を見ています。笑

<重要なコツ>
・あまりジーッと読まない(頭の中で復習、忘れてたら確認程度が理想)
・クリアファイル上に配られた資料等を置くと、さらに分かりにくくて良い
・1番前の席とかでは諦める


以上です。
今回、内職について書きましたがあくまで自己責任でおねがいします
仮にバレても、ちょっと怒られる位なら全然良いでしょうが
例えばバレたら殴られるとか、強烈な制裁を受けるような場面、
まぁ滅多に無いと思いますけど、そういう時は内職せず真面目に聞きましょう

周りの人に宣言作戦(結果)

2012-04-15
短期間の勉強目標を周囲に宣言することで
「言ったからには勉強しなきゃ」という気持ちを
自分の中に湧かせることを狙った周りの人に宣言作戦

私は、上司と先輩と同期の3人に宣言してきました。
(当然3人は興味なさげでしたが、付き合ってもらいました。笑)
宣言した目標は、今日までの5日間で20時間の勉強です

宣言の詳細は以前の記事で →周りの人に宣言作戦

結果から言うと、
今回宣言してきた目標は達成しました

今週は仕事で平日が忙しかったため、
水~金曜日では合計5時間程度の勉強しかできませんでしたが
土曜日の午後に6時間、日曜に10時間の勉強ができました。
勉強の進み具合そのものは微妙でしたが、とりあえず時間は達成です

そして、今回の「周りの人に宣言作戦」の効果ですが
効果テキメンとまでは言えませんが、ある程度の効果はあると感じました。

やはり自分から宣言して報告するとまで言った目標です。
勉強をしていないとき、ふとそれを思い出すと、
ほんの僅かながら後ろめたさのような感情を覚えます。

勉強中も、宣言したときの回想というのか分かりませんが
一瞬、3人の顔が頭をかすめるような事もありました。

最初だからかもしれませんが、1人だけで勉強する場合と比べ
「もう少し勉強しよう」という気分が少しは自分に湧いたかな?
と思っています。

この作戦で画期的に何かが変わるとは思いませんが
頭の中のほんの片隅に、「勉強しなきゃ」
という意識を僅かに芽生えさせる程度の効果はあると思います。


みなさんも、試しに周りの人に短期間の勉強目標を宣言してみては
ブログやSNS等で宣言するのもアリかもしれません。

ただ、ふとしたとき宣言した相手の顔が頭をよぎるのが良いと感じたので
取りあえず、実際に周りにいる人に宣言するのをお勧めします。
« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。