スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご褒美作戦(結果)

2012-03-05
昨日、一昨日の2日間は休日だったので
勉強した分だけ自分にご褒美を与えるという、「ご褒美作戦」で
勉強をはかどらせることを狙ってみました。
(作戦の詳細は前回の記事で)


しかし結果からいうと、今回この作戦は失敗でした
勉強時間は増えていませんし、はかどったという気持ちもありません。

失敗の理由を考えると、以下のようになりました。

・30分で100円のルールだが、ご飯には190円のカップ焼きそばで満足
・ご褒美のアメやガムに段々飽きてしまい、そもそも欲しくない
・お菓子やご飯を我慢すれば、勉強をしなくて済むという意識が芽生えた


ハッキリいって、全く効果は無しでした・・・
ご褒美作戦は、もっと魅力的なご褒美がないと駄目な気がします。
ご褒美に向かって頑張ることを狙ってるのに、
そのご褒美を我慢すれば勉強しなくて済むんだって気持ちになってしまっては
もはや何の意味もありませんね

とはいえ
いちいち高価なご褒美を自分に用意していては財布がもたないので
私のような面倒くさがりの人間には向かない作戦でした

ご褒美作戦 (説明)

2012-03-03
おはようございます
今日午前中は何にもないんで、目覚ましセットせずに寝たらこんな時間に・・・
取りあえず、朝昼兼用のご飯は食べてきましたが、
もう1日が半分以上終わってるじゃないの。。。


そんな状況ですが
今日は勉強のモチベーションを上げる方法を検証しようと思います。
まず今回はこれから「ご褒美作戦」を行います。

作戦の内容としては・・・
・今日はこれから基本的に、ご褒美以外の飲食は禁止
・資格試験の過去問を2問解くごとに飲み物1杯飲める
・参考書1ページ進むごとにアメorガムを1個食べられる
・勉強30分ごとに100円とし、このお金でのみ食べ物を買える


以上です。

今から実践してみます!


日々の目標は、高すぎると成績を下げる

2012-03-01
日頃勉強するときに、目標とか立ててますか?

よくやってしまうのが、
例えば平日1日の勉強の目標を設定するときに
「参考書20ページ、問題集の問題5問、英単語30個、過去問1年分・・・
 これらは最低限やって、全部で3時間は勉強する。」

というような、強烈な目標をぶち上げて
数日で挫折、そのままダラダラと勉強しなくなるということです

そして半年、1年経って追い込まれてから後悔します。
「あぁ、毎日1問でも問題を解いておけば、英単語1個でも覚えていれば・・・」

こういう後悔をしたことがある人多いのではないでしょうか
三日坊主が癖の私も、何度後悔したか分かりません。笑

そもそも意志が弱い、集中力もない人は、日々の目標を立てる段階では
「これ位できたら良いな。」ではなくて、「最低これ位は出来るだろう。」
という意識で目標を設定するべきです。

目標というより最低ノルマといった感じでしょうか。

「参考書5ページ、問題集の問題3問、英単語5個・・・
 これだけは最低限やって、余裕があれば可能なだけ勉強する。」

こんな感じで、これくらいなら出来るという目標にしておくべきで
無理な目標を設定し、達成できない状態が続くことで
なし崩しに全くやらなくなるのが怖いのです。

これ位できないとマズイだろ。という目標にしておけば
万が一それすらできなかった場合には、
私のような三日坊主人間でも罪悪感や焦りを感じることができます

そして勉強しなきゃなって気分が少しは湧いてくるもんです。笑

音楽を聴きながら勉強

2012-02-28
勉強中に音楽を聴くのってどうなんでしょう?

いわゆる「ながら」勉強になるんだと思いまが
私は、音楽を聴くくらいなら良いと考えています。

流石に、ラジオや特にテレビをつけては
ラジオ・テレビから与えられる情報が多すぎて
勉強に集中できない、進まないということが起こりやすいです。
これは私も嫌というほど経験しました

聞くところによると、
テレビ観ながらでも勉強できる人もいるらしいですが・・・

私自身、音楽を聴きながらやっても良いのか駄目なのか
色々試してみきましたが、音楽を聴く程度では
それが原因で集中力が無くなるということは無いと思います。

また、イヤホンを使うことで大きな利点が2つあると考えます。
・周りの雑音を遮る効果
・自分を机に張り付ける武器となる


雑音を周りの雑音を遮るというのは分かると思いますが
2つ目の自分を机に張り付けるというのは、
好きな音楽が流れていることにより
机に座り続けるという苦痛を緩和してくれる効果が期待できます


さらに私のおススメですが
音楽をipod等で聞くとき、イヤホンのコード繋いであると思いますが、
参考書や問題集の下に通したり筆入れに軽く絡ませたりすると良い感じです。

こうしておけば
音楽プレーヤーをパッと持って移動できなくなり
イヤホンのコードで自分を机に繋いだような状態になります
そして机から立ち上がりにくくし、張り付け効果が上げることができます。

自分の好きな音楽が流れている最中には
イヤホンを外すことに抵抗を感じることが多いですしね。
少なくとも私は。笑




ということで、私はイヤホンを使って好きな音楽を使うことを推奨します

図書館とか、外で音楽聴くときは音漏れに注意しましょうね

学校の授業ノート

2012-02-23
前回、
あまりノートに力を入れるべきではないということを書きました。

大きな理由を書くと以下の3つ。
・ノート作りには時間と手間がかかる(面倒くさい)
・良い参考書や問題集であれば、既にまとまっていて解答の省略も少ない
・ノート作りが文字列を書き写す作業となってしまい、記憶の定着もない恐れ



ただし、そうもいっていられない場合があります。
資格試験、大学受験・高校受験等なら良いですが、
学校の定期試験と、高校までのノート提出のような場面です。

学校の定期試験の場合、試験問題は教授や先生が作るので
授業の様子や黒板をノートにすることは有用であると言えます。

ただし書き写す作業は、時間と手間がかかる割に得るものが少ないので
可能であれば、
授業中は内容の理解をすることや反復して覚えることに集中したり
内職(別の勉強をする)ことに力を入れて
ノートは後から友人にコピーさせてもらうのが1番良いと考えています。

作業は友人に任せて、自分は勉強するという形です

私が塾講師で受け持った生徒にアドバイスしたときは、
科目ごとに友達とノートを分担して、お互いにコピーし合っていました。

高校までは、ノート提出という日本教育の悪しき習慣(笑)があるため
怒られない最低レベルのノートのようなものを作成しておき
試験勉強は友人ノートのコピーでやるのが良いかもしれません


« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。