スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計算ミスの減らし方 おわり

2012-04-04
前回までの続きです

強く意識することで計算ミスを減らせるのが

・桁数を調節する
・概算でおおよその数値を求めておく
・積極的に約分する
・キリの良いもの、やり易いものから計算する
・計算の省略をしない
・可能な限りスペースを使う


前回に続いて太字のものを、それぞれを簡単に解説していきます

<計算の省略をしない>
よく途中式と呼ばれるものがあります。
式変形の途中で出てくる式だったり計算の過程で出てくる式だったり。

試験に出やすい問題や解き方には傾向があるので、
勉強するにつれ見たことあるような形の式が増えてきます。

よくある形の式だから、簡単な計算だからと油断して
途中式を省略し、いつもの形の式に変形したが、
実際は「-」が付いていたとか、sin ではなくcosだったとか
丁寧にやっていれば気が付いたミスも多いと思います。

また、式を変形した最後の段階になって
値がおかしい、形がおかしいとなった場合
省略した式の中に間違いがあると、発見が遅れたり
最悪おかしいとは思いながらも発見できない恐れがあります。


時間やスペース(問題用紙等の余白を含む)に余裕があれば
あまり省略せず、丁寧に回答することをおススメします


<可能な限りスペースを使う>
これは、自分の見間違いを減らすために効果絶大です。
下のギュウギュウに詰まった式と
-84.9×7+260÷9.8=
この下の式、
-84.9 × 7 + 260 ÷ 9.8 =

確認しやすいのはゆとりのある方だと思います。
スペースが許す限り、ゆったりと書くことを意識すると
見間違いや書き間違いによる計算ミスを減らせます。

これで「計算ミスのを減らしたい」の項目は一通り説明しました
何を今さらっていうのは分かりますが、
是非自分の計算の仕方を再確認してほしいなと思います。
Comment
No title
んー確かに。
計算の時は何となく省略しちゃうかもしれません。
ちゃんと意するべきですね。i-228
放射線取扱主任者1種について
初コメです。
若い方が多い中で失礼します。

私は今年26になります。中川さんとは同じ位の世代でしょうか?
会社の新しい部署で放射線取扱主任者1種を受験するよう言われました。

しかし大学受験して以来、机に座って勉強などしたことがなく
難しい分厚いテキストを渡され、呆然としています。

理系ですが専攻は違うし、まだ何もしていないため不安です。
今からの勉強で間に合うのでしょうか?
中川さんの経験などあれば教えてください。
Re: 放射線取扱主任者1種について
> りょーさん
コメントありがとうございます。
計算ミスは本当に悔しいですから、ちゃんと意識して減らしていきましょう!

> みゅうびさん
こめんとありがとうございます。
そうですね。私は今年で25なんで、ほぼ同世代だと思います。

分厚いテキストって、もしかして放射線概論ですか?笑
せっかくなので、今日か明日の記事で書こうと思います。
良かったら見てくださいね♪

管理者のみに表示
Trackback
前回までの続きです強く意識することで計算ミスを減らせるのが・桁数を調節する・概算でおの数値を求めておく・積極的に約分する・キリの良いもの、やり易いものから計算

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。