スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規則正しさは勉強に効果的?

2012-03-16
昨日までの記事の続きです。

規則正しい生活は、そもそも勉強に効果的なのでしょうか?

生活リズムが整っている人は
学力・学歴が高いという話も聞いたことがあります。

決まった時間に起きて、決まった時間に寝て
決まった時間に勉強して・・・

私は実は、就職して2年になりますが
夜勤のある部署で仕事をやっています。3交代です。
仕事がある時の起床時間は、
朝7時、夕方4時、夜9時とバラバラで
生活リズムなんてあったもんじゃありません笑

これを2年続けました。3月から異動になりましたが。

こういう環境で勉強して、さぁ捗らないかというと
別にそんな感覚はありませんでした。
不規則であっても、勉強時間さえ同じく確保できれば
同じように勉強の効果はあると感じています。


では、規則正しい生活をする人の学力が高いというのは何か?
それは、規則正しい生活をする人は
家庭環境や教育がしっかりしていたのだろうということだと思います。

それはそれで結構なことですが
規則的な生活→勉強の効率が高い という単純な構図ではないでしょう。

規則的な生活→教育の整った家庭→勉強をしている が正しいと思います。
つまるところ、試験の結果のみ考えれば
不規則でも勉強さえするのなら問題無いということです

もし長期休暇や浪人生活といった、比較的自由に時間を使える場合,
無理して規則的な生活にしなくても、
勉強時間が多く取れるような生活をすれば良いと思います。


まだ起きて勉強できるようであれば、
ワザワザ中断して寝ることもありませんし、
布団に入ったは良いが、1~2時間寝付けないじゃ勿体ないです。

また、試験が遠い段階なのに、時間を決めてるからと
眠い目こすりながら起きて勉強では効率悪いです。

Comment

管理者のみに表示
Trackback
昨日までの記事の続きです。規則正しい生活は、そもそも勉強に効果的なのでしょうか?生活リズムが整っている人は学力・学歴が高いという話も聞いたことがあります。決まった時間に...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。