スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率的な勉強を目指した睡眠時間

2012-03-15
前回は、勉強するにあたって夜型の利点について述べてみました。

今回も睡眠と勉強について述べてみたいと思います
睡眠時間についてです。

「勉強するとき、睡眠時間は〇〇時間にしろ」
歳を取った人にはよく言われることでしょう。
あと勉強本や勉強サイト、学校の先生にも。7時間とか言う人が多いですかね。

私がこれに対して思うことは
通常の生活には厳しすぎ、試験前には甘すぎです。

普段の生活から、試験までまだ期間があるというのに
やりたいことを我慢して寝るというのも辛い話です。
勉強前や後に、ついついテレビや漫画を読んでしまったり、
ネットやメールで遅い時間になることもあるでしょう。

そして休日は、眠れるだけ眠りたいものです
ここに休日の嬉しさを感じる人も多いのではないでしょうか。

睡眠時間を固定することに、勉強効率に関して効果があるかは微妙で
普段の生活を不自由にしてまでしなくて良いんではないかと思います。
もちろん自由にやった結果が規則正しい生活なのは理想的ですが。

そして試験が近くなってきた場合、
試験の範囲をすみずみまで完璧に終わらせている場合を除いて
十分な睡眠時間を取ってしまうのは甘すぎです。
特に試験前夜~当日の朝は、試験まで数時間という黄金期間です。
詰め込めば詰め込んだだけ、点数UPが期待できます。

なるべく少ない勉強で、なるべく高い点数を狙う効率的な勉強を目指すと
いかに試験前に勉強できるかが重要になってきます。


普段は睡眠時間にそこまで縛られず
試験前だけは我慢して起きてるのが良いと思います

ただ、体調が悪く倒れてしまいそうな時などは無理しないで下さいね。

ちなみに、
一夜漬けのコツは、以前の記事で書いてみたので良かったら読んで下さい♪

→ 一夜漬けのススメ

Comment
中川さんの文章は優しいし為になるし面白いし
読むのが楽しみです(*^_^*)
Re: タイトルなし
>aroeさん
ありがとうございます。更新頑張ります!

管理者のみに表示
Trackback
前回は、勉強するにあたって夜型の利点について述べてみました。今回も睡眠と勉強について述べてみたいと思います睡眠時間についてです。「勉強するとき、睡眠時間は〇〇時間にしろ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。