スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても勉強する気分ではなくなったとき

2012-03-30
普段勉強をしていると、
どうしても勉強を進める気分では無くなってしまうことありませんか
しっかり者にも、ズボラ人間にも起こることらしいのですが。

今回から、そういったときの対処について書いていきたいと思います。

勉強が手につかない、やる気になれないとき。。
身体が疲れている、テレビが気になる、片思い中とかフラれたとか・・
勉強が進められない理由がハッキリしている場合であれば
その理由に合った対策を考えられると思います。

ところが、特にコレといった理由もないのに
ある日ある時、突然勉強が辛くなってしまうことがあります

全くやる気が出ない、勉強がだるくて仕方ない
半ば鬱に近いような症状ですが、経験された人も多いと思います。

私の場合、月に2~3回くらいの頻度でこんな症状になります

時間はあるし、沢山寝て体調も良いし、大きな心配事もないし・・・
でも勉強が苦痛で仕方ない、やる気が全く起きない、そんな感じです。

こういうときの行動について、私の経験を踏まえつつ考えてみます。

勉強がだるくて仕方なくなってしまった場合の対処として、
・それでも強引に勉強をする
・勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う
・勉強から完全に離れ、思いっきり遊ぶ

という3つがあげられます。

もし明日明後日が試験本番というような状況であるのなら
甘えたこと言えないので、問答無用で強引に勉強するしかないんですが
ここでは、ある程度試験まで時間のある
いわゆる中だるみのような状況であるとします。

そういった状況で、私がおススメする対処法は
「勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う」です

というのも・・・
強引に勉強した場合、集中出来ないばかりか、勉強の苦痛が収まらず
憂鬱な状態がその日中、下手をしたら数日に渡って続いてしまったりします。

逆に思いっきり遊ぶ場合ですが、
そもそも、したくて堪らないという事が特にある訳でもないのに
その時の勉強を諦めて、適当に遊ぶというのは
ズルズル遊んで勉強しなくなる癖の種になる可能性を秘めた危険な行為です
私のような、すぐに妥協したり楽したりするような人間にはおススメできません。笑
しっかりと自分を抑制できる、意志の強い方には良いかもしれませんが。

次回は、
「勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う」について書く予定です。
良かったら読んで下さいね♪
スポンサーサイト
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。