スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンニングは危険かも

2012-03-07
勉強をしていて睡眠時間が足りない、試験まで時間がない
試験中、どうしても分からない問題が・・・

悪魔がささやく瞬間は沢山あると思います。
勉強で追い込まれて、やってしまうことといえばカンニングです。


確かに、カンニングによって得られるものはあると思いますが
バレた時のことを考えると、青ざめてしまいます・・・

入学試験・資格試験では、間違いなく不合格で数年間その試験を受験できない。
学校の定期試験では、0点で済めば良い方で、1年間留年なんてのは普通。

ハッキリ言って、人生が狂う可能性すら秘めた高リスクな行為であると言えます。

カンニングの手法は古典的なものから通信機器を使ったものまで様々で
・カンニングペーパー
・机に内容を書く
・文房具に公式を書く
・友人と紙を回す
・携帯、スマホ等を使う
              などなど


私は大学の研究室にいたとき
教授のお手伝いで、試験監督の補助をやったことがありますが
ハッキリ言って、不正行為はバレバレです


カンペ、文房具への書き込み、盗み見・・・
分かりやすくてビックリしました。明らかに不審です


カンニングをして大丈夫だった人も多くいると思いますが
それはバレていないのではなくて、見逃してもらっただけじゃないかと・・・

ヒヤリとさせられた経験でした。。。

スポンサーサイト
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。