スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の授業ノート

2012-02-23
前回、
あまりノートに力を入れるべきではないということを書きました。

大きな理由を書くと以下の3つ。
・ノート作りには時間と手間がかかる(面倒くさい)
・良い参考書や問題集であれば、既にまとまっていて解答の省略も少ない
・ノート作りが文字列を書き写す作業となってしまい、記憶の定着もない恐れ



ただし、そうもいっていられない場合があります。
資格試験、大学受験・高校受験等なら良いですが、
学校の定期試験と、高校までのノート提出のような場面です。

学校の定期試験の場合、試験問題は教授や先生が作るので
授業の様子や黒板をノートにすることは有用であると言えます。

ただし書き写す作業は、時間と手間がかかる割に得るものが少ないので
可能であれば、
授業中は内容の理解をすることや反復して覚えることに集中したり
内職(別の勉強をする)ことに力を入れて
ノートは後から友人にコピーさせてもらうのが1番良いと考えています。

作業は友人に任せて、自分は勉強するという形です

私が塾講師で受け持った生徒にアドバイスしたときは、
科目ごとに友達とノートを分担して、お互いにコピーし合っていました。

高校までは、ノート提出という日本教育の悪しき習慣(笑)があるため
怒られない最低レベルのノートのようなものを作成しておき
試験勉強は友人ノートのコピーでやるのが良いかもしれません


スポンサーサイト
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。