スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語 古文・漢文

2012-02-14
・古文
恐らく国語では一番難しいのが古文じゃないかなぁと思います。
単語と文法の知識があって尚且つ古文を読み慣れていないとなかなか解けない・・・


古文を勉強するのに用意するもの

・好きな古文単語帳(最低300語レベル)
・中里の即決古文センター対策<代ゼミ>
・望月センター古文講義の実況中継―新課程<語学春秋社>

古語単語は300語ぐらいないとキツイです。
その単語を知っているか知らないかそれだけで
正解か不正解かに分かれてしまうような問題も沢山あります。
300語全部単語帳じゃなくて、150~200語レベルの単語帳を使って模
試や問題集に出てきた単語を覚えていく感じも良いと思います。


あとゴロ合わせは好き人によって嫌いが割とハッキリあるから
実際本屋に行って立ち読みして考えたら良いです。

時間が許せば僕は自分でゴロ合わせを作るのもアリだと思います。
これは私の友達が作った作品→「たくさん余った」(あまた=たくさん)


中里の即決古文センター対策は頑張ってチェック項目は全部覚える!
コレだけで結構自信がつきます。覚えるまでは何周でもしましょう。

時間掛かるのは最初の1周だけ。2周からは載ってる古文の話の内容分かってるし、
覚えてる所は飛ばして良い。僕はセンター直前にはこれを確認するのに1周15分くらいでした。

望月センター古文講義の実況中継は時間がなければしなくて良いよ。
ザッと見るとか分からない所はこれで調べるとかそんな使い方。



・漢文

漢文は最低でも50点くらいの気持ちで行きましょう!!
他に比べて満点が取りやすいよね( ・∀・)


漢文を勉強するのに用意するもの
・田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる<学研>

これをやっとくだけで自信がつくと思います。
この参考書かなり強気に書かれてるから何か、やってて頼もしいし。

ただこの参考書の最後の方に載ってるセンター試験のみの人の勉強法で、
ザッと見とくだけで良いって書かれてる範囲も一応勉強しとくべきです。

過去問やってて見つけたけどその範囲の問題も少ないながら存在してたから。







スポンサーサイト

国語 現代文 補足2

2012-02-14
さーっと本文を見て、重要そうなものに線を引くと書きましたが
重要そうということに関して補足です。


線を引く重要そうな記述っていうのは


・接続詞とくに逆説の後
評論なんかで逆説の後は筆者の本心や最終的な事実が書かれやすい。


・何度も本文中で出てきている言葉
何か理由があるのかもしれない。少なくとも筆者は気に入ってるんだと思う。


・問題の質問中にある言葉
これをチェックしとくと本文の何処をじっくり読むべきか分かりやすい。


他にも意味ありげなものに線を引こう!
ただし線だらけにならないよう控えめに!
どんなに多くても線引きは文章の半分以下にしてほしいなと思います。




国語 現代文 補足1

2012-02-14
現代文では時間がないとよく聞きました。


それは始めから本文をじっくり読みすぎるんだと思います。

前に紹介した方法で、4番目の、問題の選択肢を見る段階で
それほど本文に関して詳しく覚えてなくて良いです。
どの辺りに何についての事が書かれていたか何となく分かればそれで十分。


だから始め本文はじっくり読むんじゃなくてサーッと流しながら重要そうな所に線を引く!


で、一つの問題についての記述を読み終えたくらいで
その質問と選択肢を見て読んだ本文に戻り、必要そうな記述のみじっくりと読む。
それを次の問題からも同じ事を繰り返す。



何というか、レシピ本を見て、これから母親が作る今日の晩ごはんを当てる感じかな?

今日のオカズを当てる(問題文)にあたって
まず始めに冷蔵庫(本文)の中をザッと見る。
そしてレシピ本(選択肢)から、今日のオカズ料理を選んで当てる!
みたいな。


このとき、【短時間で】行うために重要なのは、
冷蔵庫(本文)の中をじっくり見すぎないことだと思います。

お茶や水、ケチャップ、マヨネーズ、よくある調味料のような
毎日置いてあるものをチェックしたところで
そこから得られるヒントはとても頼りないものだと思います。
さっと流すべきでしょう。

逆に、「牛肉」や「まぐろ」といった、
その日に使われやすいものをチェックできれば、
今日のオカズを予想するにあたって、強力なヒントとなると思います。


そして、例えば「まぐろ」をチェックできれば、
レシピ本(選択肢)の中から、かなり料理を絞ることができ、
そして絞ったレシピの中で、例えばキャベツを使うか使わないかという違いがあれば
キャベツの有無を冷蔵庫(本文)で探す。ということになります。




国語、現代文

2012-02-14
現代文は僕もそうだったけど苦手な人が多いように思います。
何書いてるかよく分かんないし、どの選択肢もそれっぽく感じるし。
ただちゃんとした方法でしっかり練習すればソコソコできます。
漢字は余裕がなければ無勉で良いと思います。


現代文を勉強するのに用意するもの

・センター系の問題集可能な限り
センター試験だけの人は問題集だけで十分。
現代文の参考書は著者によって言ってることが正反対だったりするし。


現代文の解き方いきます。
重要なことは現代文センター試験は答えの確証が問題に存在しなければいけないという事。

大学が個別に課す試験には解答・解説・採点結果を公開する義務はありません。

しかしセンター試験は試験終了後に解答を公開しなければいけません。
そこであやふやな理由で答えを作っていると批判を浴びます。
(実際に河合塾なんかはよく異議を唱える)

だから登場人物の隠された裏の心情を読み取るような事はしなくて良い。


具体的な方法です。漢字とか慣用句は置いときます。

1、問題の本文にかかわる一つ目の質問文をざっと読む。ただし選択肢の所まで読まなくて良い。

2、質問文のことを頭に残して本文をサ-ッと読む。このとき重要そうな部分に線を引く。

※ただ気が弱い人なんかだと線だらけになるから控えめに。
 本文を読むというより重要なところをチェックするって意識でやると良いかも。

3、一つ目の質問で問われている所は読んだかなぁと感じたら(この判断は大体で良い)
  その一つ目の質問の選択肢を見る。

4、ここで選択肢を選ぶけど、正しい選択肢を一つ選ぼうとすると分からなくなる。
  他の間違った選択肢を探すという意識でやる。必ず消去法にしよう。
  選択肢の文章をそれぞれ2個か3個に区切ってその一つ一つを検討する。

検討する主な項目
A本文に書いてる事と違うことを書いていないか
Bそれは本当に本文に書かれている事柄か
C質問に相応しい事か


この中で一番難しいのはB。
確かにそうかもしれないけど本文にはそこまで書いていないって感じが多い。
ただ、書かれてなくても文脈から明らかに分かるってことも当然ある。
この辺の判断が練習しないと難しい。

Cは書いてることは間違ってないけど質問とは関係ないのを探す。Cはあんまりないけどね。


5、二つ目の質問を確認して1~4を繰り返す。


こんな感じです(゚∀゚ )分かりにくかったらどの辺が分かりにくいかコメントして下さいな。
消去法は特に評論で強いかな。





大まかに教科の話 社会

2012-02-14
・地理
勉強しなくても常識である程度点がでるけど高得点は難しい。
なかなか安定しない科目。暗記というより合理的に理解するべき。そういう点で理系向き?


・日本史、世界史
当然ながら覚えることだらけ。そのかわりかなり安定する。時間と根気があれば高得点狙える。


・政治経済
僕は地理と日本史の間を取ったような印象を持ってる。ある程度点が出るけど高得点は難しいかも。


・現代社会
全く勉強してなくても5~6割は取れる!常識ある人なら7~8割行くかも。かなり楽な教科。ただ満点は難しい。可能なら勉強してなくてもセンター試験は受けるべき。数年前にセンター試験で地理の平均がガクッと下がった年があったんだけど、オマケで受けた現代社会の方が高得点の人が続出したって高3の時の地理の先生が言ってた。実際前のセンターでオマケで受けた現代社会の方が高得点って人がクラスに2、3人いた。


・倫理
少しの暗記で高得点が狙えるらしい

大まかに教科の話 理科

2012-02-14
理科・社会はどの科目を選択するかでかなり違ってくる。
できれば楽な科目を選びたいですねぇ( ´∀`)



・化学
他の科目よりもかなり点を上げにくい科目。文系は絶対の自信が無い限り選ばないほうが良い。
ただしある程度まで行くとかなり安定持続する。
例えば僕は始め5割台だったけど最終的に9割切らなくなった。ただかなり時間掛かった。


・物理
分かりやすい参考書なんかで勉強するれば割りとすぐに点があがる。
覚えることが少ない数学みたいな感じ。演習し流れ覚えるのが良い。
センター試験の平均点は他の理科の科目より高め。理系にはおススメ。文型も物理好きなら良いかもね。


・生物
化学ほどではないけど点が上がりにくい。でもやっぱり安定はする。
何気に覚えることが多いから文系の人は可能なら地学にした方が良いよ。


・地学
文系の人は是非選びましょう!暗記量が少なく簡単!!
解くのが速い人は試験時間が40分余ったりする。かなりゆとりのある科目。




非効率な勉強ってなんだろうと考えると・・・

2012-02-14
英語と古典の授業とか宿題で、
教科書とか問題集の本文全部を和訳口語訳とかさせられてると思いますが・・・

あんまり効果ないというか、受験対策としては非効率極まりないです

だって、重要(頻出)な文法・単語が含まれているのは
膨大な文章のなかで、極一部なんですもん。
しかも時間が掛かる掛かる!!ヒドイ!笑


教科書とか問題集の本文全部を和訳口語訳なんて、
完全に学校の先生の自己満足で、日本の学校教育の悪しき習慣としか思えない。
その半分の時間で他の問題したり単語の暗記でもした方がよっぽどマシ。


こういう宿題は、答えか友達の写す、答えを見る、教科書ガイドを購入する、
もしくは可能ならば無視しちゃうのが良い(笑)

こんな非効率な勉強に貴重な時間と集中力をかけてられないです。

もちろん、全くしないに比べれば、こんな宿題でもやったほうが良いに決まってますが
どうせやるならもっと効率的にやりましょう




科目別、大まかな勉強法

2012-02-14
とりあえず簡単にそれぞれ教科のこと書きます。参考書とか具体的な方法みたいに詳しい事はまた今度。
持続するっていうのはある程、長い間ほおっておいても問題が解けるという意味、
安定するっていうのはテスト毎に点が変化しにくいって意味でお願いします。



・国語
現代文、特に小説は安定しにくい。現代文はセンター試験の解き方みたいなのが重要になってくる。
ちゃんとした解き方すれば割と簡単かも。
古文は最低限の単語と文法を覚えて問題を解く。
僕はある程度の問題量をこなしてたら急に分かるようになった覚えがあります。
漢文は満点狙いましょう。試験の時はどの問題よりも先に解くのが良いかもです。
最後に時間切れで解けないんじゃ勿体無い。


・数学ⅠAⅡB
以前センター試験では満点で当たり前みたいな教科だったけど最近は満点は難しい。
とくにⅡBはややこしかったりする。持続しやすいけど勉強に時間が掛かる。
早めの時期に取り組むべきです。

自習で問題を解くときは分かんなかったらあんまり考えすぎず答え見て覚える感じが良い。
センターは問題量の割りに時間少ないからじっくり考える暇ないよ。


・英語
なかなか持続しにくい。毎日長文一問ずつ解くといいかも。
単語は最低でも1500語ぐらい覚えないと8割はキツイ。
1800語超えるくらい覚えられれば9割も夢じゃない。
文法問題は文法書じゃなくてセンター問題集で勉強したほうが絶対良いです。



センター試験について

2012-02-14
センター試験の前身は「共通一次試験」って呼ばれていました。国公立を受験する受験生のはとんどが受ける一次試験だから。
でも今は「センター試験」です。というのも「共通一次試験」では意味が狭すぎます!
調べてもらえば分かると思うけど
一次もなにもセンターだけで合否を出したり、
推薦でセンター前の面接とセンターの結果で合否を決めたりする国公立、特に私立が増えてます。
 センターの難しくない教科書レベルの問題さえ解けるようになればそれだけで早稲田慶応に入れる!後期で有名国立大に面接だけで入れる!国立医学部でも琉球大学なら学科試験なしで小論文と面接だけだよ!!
これを利用しない手はないでしょ!!(*゚∀゚)



センター試験対策について

2012-02-14
実は私、センター試験を受けた翌年(5年くらい前)にもブログを作っていたんですが
パソコンが壊れたことで、IDとパスワードが分からなくなって
それっきりになっていました。

とりあえず、当面はその記事のコピペ&少し改変したものを投稿していきたいと思います。
家庭教師や塾講師をしていたとき、センター試験対策は基本的にこの方針で指導していました。

中には3か月で、センター模試の平均得点率50% → 本番85%まで伸ばせた生徒もいましたから
気に入ったものがあれば、是非参考にしていただきたいと思います。

疑問や反論はコメントに書いていただけると嬉いです!

私は教育新課程第1回生になります。
ご存知の通り僕らの年からセンター試験は色々と変更がありました。
まぁ本質はほとんど以前と同じなんだけど・・・。
色々な試行錯誤があって、得点率90%越えを達成できました。

このセンター試験についての研究と経験を生かして、
大学では4年間、家庭教師と塾講師のバイトを続けました。
担当として受け持った生徒は、4年間で70人くらいです。


社会人(もうすぐ3年目)となった今、教育とは関係のない会社に就職しましたが
せっかくの大学受験、塾講師・家庭教師の経験なので
ブログを通して、受験生を応援していけたらなと思っています。

ちなみに、私も資格試験を受験するために勉強をコンスタントにしていますので
一緒になって勉強を頑張っていきたいです。





一緒に勉強しましょう!

2012-02-14
初めまして!

中川そらねこ と申します。

どうやったら勉強やる気になるだろう。
どうやったら最低限の努力で合格できるだろうか。

そんなことを考えて10年くらい経ちました。
大人になっても勉強は辛いもんです。個人的には仕事より大変です。

私が1番勉強した時期といえば、高3のセンター試験前かなぁと思います。
しかし就職してから、資格勉強でまた机に座って勉強をするようになりました。

どうやったら勉強をやる気になるか、どんな勉強法が効率的か
そういったことを追及していくブログにしていきたいです!!


勉強にやる気が出ない、そんなときに見てもらって
見終わったら「勉強しようかな」ってそんな気分になれるブログにできれば幸せです。

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。