スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物理

2012-02-15
化学、物理、生物の中では物理が1番早く点になりやすいです。
問題によっては点が安定しなかったりするけど
センター試験の物理は問題が簡単だから平均点は高いし狙い目だと思います。


物理を勉強するのに用意するもの
・橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則 1<学研>
・橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則 2<学研>
・橋元式問題集 2<学研>


橋元流解法の大原則は良い!!
著者の橋元淳一郎って人が考案した?定理とか解き方も結構あるんだけど
書いてある通りにして間違いないと思う。
本は知らなくても東進とか行ってる人はビデオで
橋元淳一郎さんをを知ってたりするかもしれません。

センターでしか物理はいらない人は「きめる!センター物理I」でも著者は同じだから良いけど、
正直、オマケで作った感があるから橋元流解法の大原則の方使って欲しいなと思います。

橋元流解法の大原則の中のセンターの範囲をやるんだけど
センターの範囲なら集中してやれば割と早く終わります。

というのも参考書の始めにも書いてあるけど、省かれている範囲があってそこは特に補充する必要があります。

特に補充するべき範囲
・弦と気柱の振動
・回折格子、ニュートンリング
・p-V図

この補充は橋元式問題集2でやります。
補充しなくても完璧なら良いけどできればやって欲しいな。

補充に使うところ
Ⅰ第5講のイメージ絵法、問題①②
Ⅱ第8講のイメージ絵法、問題①~⑥
Ⅲ第11講のイメージ絵法③④、問題⑤⑥

これだけです。
Ⅰはp-V図、Ⅱは弦と気柱の振動、Ⅲは回折格子、ニュートンリングの範囲です。
問題どれもかなり簡単だけど、
もしかしたら第5講の問題①とか意味分からないかもしれないですけど
結構重要な概念なので頑張ってください!1回理解すれば中学1年生の数学です。






化学

2012-02-15
化学は点が上がりにくいけどかなり安定します。
私はセンター試験前は模試とかセンター系の問題集でほとんど9割キープでした。

努力と効率の差が出やすい教科なんで個人的には好きだなぁ(*´∀`*)


化学を勉強するのに用意するもの
・照井俊の化学有機化学の最重点照井式解法カード<学研>
・照井俊の化学無機化学の最重点照井式解法カード<学研>
・照井俊の化学理論化学の最重点照井式解法カード<学研>
・一通り範囲を網羅したセンター系問題集1冊

*青本、白本、黒本、緑本はまだ使わないでね。


具体的な方法いきます。

・照井俊の化学(有機、無機、理論)化学の最重点照井式解法カードは
最後に付いている薄い「照井式解法カード」のみを使います。

参考書の大部分を占める解説ページは
「照井式解法カード」で何書いているのか分からない時に調べるのに使うだけ。
無機、有機のまとめ方は化学の参考書の中で照井式解法カードが最強だと思う。

しかも赤シートが使える!!
ところで化学はゴロ合わせが結構有効だと感じます。

周期表、炎色反応、気体の製法、イオンの反応…私は特に無機化学はほとんどゴロで覚えました。

ゴロ探しはこのサイトがお勧め
周期表の覚え方
http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro.html

気に入ったゴロは照井式解法カードの該当する所に赤シートで隠せるように
橙色とか朱色のボールペンで書き込む!

とても人に言えないゴロばっかりになると思うから
学校とかで他の人に書き込んでるゴロ見られないようにね。笑

照井式解法カードのセンター試験の範囲を大体覚えたら薄いので良いから問題集をザッとやる。

できなかった問題に印をつけておいてちゃんと復習すること。

化学は1回味方にできればかなり頼もしいよ。がんばろ!




英語

2012-02-15
センター試験の英語は頑張っただけ点が伸びるよ~。
文系は勿論のこと名門の大学になると理系もほとんど二次試験で使う教科だから
二次の勉強も兼ねてる人も多いんじゃないかなぁ。

試験の時は長文から解きましょう。英語は時間が足りなくなるからねぇ。。
万が一、最後に時間無くなってバーッとマークするなら文法とか発音とかの方が良いですよね?


英語を勉強するのに用意するもの

・好きな単語帳1冊
英単語ターゲット1900<旺文社>
速読英単語必修篇<Z会>
システム英単語<駿台文庫>
DUO3.0<アイシーピー>

・好きな文法書1冊
即ゼミ3大学入試NEW英語頻出問題総演習<桐原>
英語頻出問題倍速トレーニング<Z会>

・マーク式基礎問題集2(文法・語法基礎)<河合塾>
・マーク式基礎問題集3(文法・語法応用)<河合塾>
・マーク式基礎問題集7(長文ヴィジュアル)<河合塾>
・マーク式基礎問題集8(会話ヴィジュアル)<河合塾>
・マーク式基礎問題集9(長文把握基礎)<河合塾>
・灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 (基礎編)<アルク>
・灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 (実践編)<アルク>


学校で実践トレーニング配られた人結構多いと思うけどあんまり良くないです。

あとゴロ合わせの単語帳は単語の量と質が頼りないから、
もう1冊単語帳買って覚えやすい気に入ったゴロを新しい単語帳にメモしていって欲しい。

やり方いきます。

英単語は最低でも1500語を目指して覚えよう。1800語ぐらいあれば安心だけどね。

文法書のメインの第1章は使いません(笑)
即ゼミ3なら第2、4、6章を覚えます。倍速トレーニングなら第2、3、5章を覚えましょう。
ただし授業等でやった事をある程度分かっている前提だから
自信ない人は第1章(即ゼミは3章も)を1回ザッとみるくらいで良いから確認する事。

文法書で飛ばした所の穴埋めは河合塾のマーク式基礎問題集2と3でやります。
実はこれはセンター試験において文法書以上に良いんです!

マーク式基礎問題集は何故この答えなのか、何で他の選択肢だと駄目なのかを覚える。
解説に書いてるイディオムはしっかり覚えようね( ´∀`)  

長文なんだけど時間が無いなら10月の終わりくらいまではほっといて大丈夫。

余裕があればマーク式基礎問題集7,8,9をどれか1問を2日に1回でも解いていく感じで。

リスニングは灘高キムタツの言うとおりにやってください。
なるべく定期的に何回か復習してね。
終わって余裕あれば他のセンター用のリスニングも是非してみて。










数学

2012-02-15
数学は早めにやって欲しい教科ですね。
センターの数学は問題に流れがあるからある程度まで力がつけば
その後はしばらくほっといても模試なんかでは流れに乗って割と点が取れます。

昔は満点教科だったけど
近年センター試験の数学はポッと難しい問題が出たりして満点取るのは難しいような気がします。



数学を勉強するのに必要なもの


ニューアクション派
・ニューアクションβ数学I+A―新課程対応<東京書籍>
・ニューアクションβ数学II+B〈数列ベクトル〉―新課程対応<東京書籍>
・単元ごとに分類されているセンターマーク用問題集2冊くらい


チャート派
・チャート式解法と演習数学I+A―新課程(黄チャート)<数研出版>
・チャート式解法と演習数学II+B―新課程(黄チャート)<数研出版>
・単元ごとに分類されているセンターマーク用問題集2冊くらい

*(青本、白本、黒本、緑本はまだ使わないでね)


ニューアクション派はニューアクションの黒字の例題と、
章の最初にある例題MAPで流れ図の末端になっている赤字の例題のみをする。

チャート派は重要例題のみをする。


どちらも練習問題とか章末にある問題はオールスルーの方向で。
掛かる時間は同じくらいになると思います。


まず今書いた例題を何も見ないで全部解いてみる。
解けなかった例題、不安な例題は印を付け解説を読み理解しておく。

全部一通り終わったら印の付いている例題のみをまた解いてみる。

再び解けない例題があれば2回目と分かるように印を付け解説を見る。

1回目の印が付いてる例題を全部解きなおしたら2回目の印が付いてる例題のみにチャレンジ!!


これを繰り返して指定した例題を全て1回正解するようにします。
おそらく、印が4回も5回も付いたような問題もあるでしょう。


これで一通りセンター数学の範囲を済ませます。
復習のコツは、印の多い問題を優先させることです。


範囲を一通り済ませたら、薄く簡単なもの良いから
単元が分かれているマーク式の問題集を2冊くらい用意する。

2冊ってのはⅠAで一冊ⅡBで一冊になってるのが多いし、問題量が調度良い。
で、例題やったのと同じ要領で問題をやる。

できなかった問題はチェックして2周目3周目って感じで。

これも一通り正解する。

ここで印が多い単元はやっていないニューアクションの赤字例題や練習問題、
チャート式の基本例題や練習問題で補強する。


以上です。
多いかな?(゚Д゚ )

ここまで書いたことをするのは大変で時間かかりそうだけど、集中してやれば結構短期間でできるよ~。

ニューアクションもチャート式も分厚いけど解く問題はかなり限定しましたし。

2冊のマーク式問題集も条件が合えばたとえば1回やった夏休みの宿題の問題集とかでも良いし。
あんまり問題数が少ないと駄目だけど。

こんだけやればセンター試験で十分高得点狙える実力は身に付きます。







番外編・現代文記述対策

2012-02-15
番外編・現代文記述対策


国語はマーク模試なら8~9割ぐらいを安定して取れたんだけど、
記述模試の場合は7割いけば良い方だった・・・

今考えると現代文は他の教科や古典に比べるとマークと記述のギャップが大きいと思います。

そこで番外編で現代文の二次試験対策を書きます。


そうは言っても私は理系で力不足なので、
大学の同じバイトやサークルの友達や東大に行った友人に電話で聞いたものです。

そのまとめだけど参考程度にどうぞ。


現代文の記述を勉強するのに用意するもの

パターンA
・出口現代文入門講義の実況中継―大学入試 (上) <語学春秋社>
・出口のシステム現代文(バイブル編)<水王舎>
・出口のシステム現代文(解法公式集)<水王舎>
・出口のシステム現代文(論述・記述編水)<水王舎>

パターンB
・田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式 <代ゼミ>
・ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 <河合出版>
・新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1) 評論〔基本問題〕篇<代ゼミ>
・新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (2) 評論・随筆〔発展問題〕篇 <代ゼミ>


聞いてみたところやはり現代文はマークと違い記述ではテクニックのようなものが必要になってくるみたい。
参考書で勉強してそれを習得して欲しいんですけど、
現代文の参考書は個人に合う合わないが激しいので
本屋さんに行ってじっくり読み比べて欲しいなと思います。

さっきまで聞いた中で人気があったのはパターンAとパターンBの参考書です。

やっぱり出口サンと田村サンが人気のようです。
4冊ずつ書いたけど時間が無かったらそれぞれ上に書いている2冊をやって下さい。

ちなみに東大行った友人は高校3年間で出口サンの本を8冊完璧にしたらしい。
流石です・・・・(

現代文はある程度ルールを勉強して練習すると
ある時急に点が伸び始めるみたいだからその瞬間まで耐えて下さいね。

前にも書いたけどセンター試験しか国語使わない人はこういう参考書は必要ないよ。



« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。