スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験、数学の参考書選び

2012-03-02
センター試験の数学の参考書についてコメントもらって
返信が長くなったんで記事にしました


以前の記事で、おススメした数学の参考書に黄チャートがあります。
この理由を書きたいと思います。


チャートは色によって難易度や扱う問題が違うんですが(赤>青>黄>白)

白はシリーズ中で最も簡単と思われますが、
似たような基礎問題が多いのと解答に独特のクセがあるという点があります。

青は、黄チャートより少し難しく、
旧帝大の大学入試2次試験にもある程度対応できる内容となっています。
私は理系ですので持っていましたが、センター試験対策としては難しすぎます。


あくまで、センター試験の高得点を狙う対策を
なるべく少ない時間と労力で効率よく行いたい場合、
黄チャートの重要例題のみを完全に理解し、
その後センター試験対策用の問題集を何度も繰り返すという方法がお勧めです。

ニューアクション派も同様です。(詳細は以前の数学の記事で)


ちなみに数学の参考書や問題集で大切なのは、
難易度や重要度が分かること、何より解答を省略していないことです。

学校で先生が嬉しそうに使わせる教科書や、
問題と最後の答えのみで、解答方法を省略した問題集は
個人的には嫌いです。


そして、全ての科目や他の資格試験等にいえることですが
この教材をやると決めたら 完璧になるまでずっとそれを使って下さい。
これまた学校みたいに、1回終わったから次の問題集・参考書みたいなのは
絶対に駄目です。
スポンサーサイト

社会

2012-02-15
基本的に、社会は暗記科目であるので
センター試験対策用の問題集をこなしていくのが良いのですが
ここで大切なことは、いきなり細かいところ、あまり出題されない問題まで
やってはいけないということです。

つまり、まずは超頻出のものを抑えて、一通の範囲を全て終わらせることが大切です。

そしてその超頻出のものを確実に覚えたら、今度はもう少し重要度の低いものを
一通りの範囲を全て終わらせ、それを覚えたらさらに細かいところといった風に
自分の知識量を増やしていきます。


ただし、地理に関しては、
瀬川センター地理B講義の実況中継<語学春秋社>

これをザッとで良いので読んでおくことをお勧めします。
気候や地形といったものには、傾向や特徴といったものがあり
1つ1つ覚えるよりも、そのルールを学んだ方が効率的で確実です。





地学

2012-02-15
高校のとき”地学は1ヶ月前からでOK”って言ってた理科の先生がいました。
まぁそれは大袈裟にしても他の化学物理生物に比べたら本当に楽です。

ホント文系の人は選択するべき。受験者数はかなり少数らしいけど、とにかくお得。

地学は他に比べたら参考書とか問題集の種類が少ないです。
まぁそんなに難しくないから必要性も少ないよ。


地学を勉強するのに用意するもの

・安藤センター地学I講義の実況中継―新課程<語学春秋社>
・過去問、青本黒本白本緑本

安藤センター地学I講義の実況中継をよく読んでおきます。
その後はどんどん問題を解いていきます。
問題は過去問と、青本黒本白本緑本です。他の問題集は用意しなくて良い。

青本黒本白本緑本も全部しなくてもこの中から2,3冊で十分。
問題をやるときは分からなかったり自信のない問題は印を付けて理解しておくこと。

初めは解けない問題があると思うけどすぐ点は上がるはずです。




生物

2012-02-15
生物は文系の人も多く選択してるようですね。
化学とか物理に比べると文系に人気の科目。本当は、文系には地学がお勧めですが。

塾も講師時代、生物の勉強で参考にさせていただいたブログがあります。
http://blog.livedoor.jp/lovely_hitorin/


センター対策としては特に重要なことを一通り覚えてから問題を解きまくるという感じが良いと思います。

生物を勉強するのに用意するもの
・生物I〈要点〉必出ポイント110の攻略で合格を決める―新課程版 <文英堂>
・大森徹のセンターはこれだけ!生物I―新課程<文英堂>
・図説1冊


生物は生物I〈要点〉必出ポイント110の攻略で合格を決める、
大森徹のセンターはこれだけ!で骨組みを作ります。

どっちかすきな方をメインで覚えてもう1冊は
メインにした方に載ってなかった所だけ覚えます。
そして問題をして肉付けしましょう。
勉強するときは図説を見ながらイメージしつつ覚えたほうが良いです。

可能なら自分で図とか描いてみて欲しいな。
問題ってのは青本黒本白本緑本で良いです。

できなかった問題はチェックして理解してね。







物理 補足

2012-02-15
前の記事で橋元淳一郎の物理橋元流解法の大原則のセンターの範囲をしてくれって書きました。
センターの範囲と言われても少し分かりにくいですね(´・ω・`)

そこで一応補足しておこうと思います。
参考書のなかでⅠとⅡを分けてるのは偶に当てにならないよ。

センターの範囲
・橋元淳一郎の物理橋元流解法1
第1~3講、5講、7講、10講
*7講は橋本流ではⅡとなっているけど普通にセンターで出てくるよ。

・橋元淳一郎の物理橋元流解法2
第1~10講

*熱力学の1~5講は「内部エネルギー」とか「ボルツマン定数」の記述や内容の問題は
範囲外なのでザッと読むか何なら飛ばして良いんだけど
4講なんかの定圧変化とか定温、断熱変化とかセンター超頻出のところを理解する為に
「内部エネルギーとは何か」ぐらい知っておいて下さい。

5講なら重要な解説の大原則は「ピストンにおもりが乗っている変化」くらい。
7~8講の波の式作りは完璧に式は作れなくても良いけど一応やっとくと良いかも。



 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。