スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験、数学の参考書選び

2012-03-02
センター試験の数学の参考書についてコメントもらって
返信が長くなったんで記事にしました


以前の記事で、おススメした数学の参考書に黄チャートがあります。
この理由を書きたいと思います。


チャートは色によって難易度や扱う問題が違うんですが(赤>青>黄>白)

白はシリーズ中で最も簡単と思われますが、
似たような基礎問題が多いのと解答に独特のクセがあるという点があります。

青は、黄チャートより少し難しく、
旧帝大の大学入試2次試験にもある程度対応できる内容となっています。
私は理系ですので持っていましたが、センター試験対策としては難しすぎます。


あくまで、センター試験の高得点を狙う対策を
なるべく少ない時間と労力で効率よく行いたい場合、
黄チャートの重要例題のみを完全に理解し、
その後センター試験対策用の問題集を何度も繰り返すという方法がお勧めです。

ニューアクション派も同様です。(詳細は以前の数学の記事で)


ちなみに数学の参考書や問題集で大切なのは、
難易度や重要度が分かること、何より解答を省略していないことです。

学校で先生が嬉しそうに使わせる教科書や、
問題と最後の答えのみで、解答方法を省略した問題集は
個人的には嫌いです。


そして、全ての科目や他の資格試験等にいえることですが
この教材をやると決めたら 完璧になるまでずっとそれを使って下さい。
これまた学校みたいに、1回終わったから次の問題集・参考書みたいなのは
絶対に駄目です。
スポンサーサイト

数学

2012-02-15
数学は早めにやって欲しい教科ですね。
センターの数学は問題に流れがあるからある程度まで力がつけば
その後はしばらくほっといても模試なんかでは流れに乗って割と点が取れます。

昔は満点教科だったけど
近年センター試験の数学はポッと難しい問題が出たりして満点取るのは難しいような気がします。



数学を勉強するのに必要なもの


ニューアクション派
・ニューアクションβ数学I+A―新課程対応<東京書籍>
・ニューアクションβ数学II+B〈数列ベクトル〉―新課程対応<東京書籍>
・単元ごとに分類されているセンターマーク用問題集2冊くらい


チャート派
・チャート式解法と演習数学I+A―新課程(黄チャート)<数研出版>
・チャート式解法と演習数学II+B―新課程(黄チャート)<数研出版>
・単元ごとに分類されているセンターマーク用問題集2冊くらい

*(青本、白本、黒本、緑本はまだ使わないでね)


ニューアクション派はニューアクションの黒字の例題と、
章の最初にある例題MAPで流れ図の末端になっている赤字の例題のみをする。

チャート派は重要例題のみをする。


どちらも練習問題とか章末にある問題はオールスルーの方向で。
掛かる時間は同じくらいになると思います。


まず今書いた例題を何も見ないで全部解いてみる。
解けなかった例題、不安な例題は印を付け解説を読み理解しておく。

全部一通り終わったら印の付いている例題のみをまた解いてみる。

再び解けない例題があれば2回目と分かるように印を付け解説を見る。

1回目の印が付いてる例題を全部解きなおしたら2回目の印が付いてる例題のみにチャレンジ!!


これを繰り返して指定した例題を全て1回正解するようにします。
おそらく、印が4回も5回も付いたような問題もあるでしょう。


これで一通りセンター数学の範囲を済ませます。
復習のコツは、印の多い問題を優先させることです。


範囲を一通り済ませたら、薄く簡単なもの良いから
単元が分かれているマーク式の問題集を2冊くらい用意する。

2冊ってのはⅠAで一冊ⅡBで一冊になってるのが多いし、問題量が調度良い。
で、例題やったのと同じ要領で問題をやる。

できなかった問題はチェックして2周目3周目って感じで。

これも一通り正解する。

ここで印が多い単元はやっていないニューアクションの赤字例題や練習問題、
チャート式の基本例題や練習問題で補強する。


以上です。
多いかな?(゚Д゚ )

ここまで書いたことをするのは大変で時間かかりそうだけど、集中してやれば結構短期間でできるよ~。

ニューアクションもチャート式も分厚いけど解く問題はかなり限定しましたし。

2冊のマーク式問題集も条件が合えばたとえば1回やった夏休みの宿題の問題集とかでも良いし。
あんまり問題数が少ないと駄目だけど。

こんだけやればセンター試験で十分高得点狙える実力は身に付きます。







 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。