スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日やることメモ

2012-04-21
勉強に関して「今日やること」をメモしておくと良いかもしれません

勉強を始める前に、今日はこれ位は出来るだろうという目標を立て
ザックリで良いので、リストアップしてメモしておきます。


メモは、どうせその日しか使わないので
ワザワザ良い紙を用意しなくても、いらないプリントの裏とかでOKです

平日は仕事や学校が長引いたり、
仕事の残りや準備があったり、サボれない宿題があるなど
あまり自由にできる時間が無く、出来ることも少ないので
わざわざメモにすることもないかもしれません。
ただし休日など、自分の時間が多いときは効果的があると思います

私個人のやり方ですが、メモの使い方を紹介してみます。

①勉強に関して「今日やること」をリストアップする
その日に使える時間から、勉強する項目をリストアップしメモします。
紙は何でもいいし、ザックリした目標で構いません。
ただし目標を表すときは時間で表すのではなく、
ページ数や単元の数など、極力成果量で表します。

「数学の第5章を1時間」ではなく、「数学の5章の練習問題3問」など。

目標は無理のないものにしましょう。
以前の記事で似たことを書いているので、良かったら読んで下さいね。
 →日々の目標は、高すぎると成績を下げる

②作ったメモをもとに、勉強をする

③メモしたもので、達成したものは線を引いて消す
ここが1番重要です。
こうして、リストアップしたものを全て消せるように頑張りますが
消せないままでいると、何だか気持ちが悪いものです。
この気持ちが案外大切というか、
勉強を進める上で効果的だなって感じます

以上です
ちなみに、
目標を時間ではなく成果量で表すのは、
気分が乗らないときや、分からない部分があったとき、
ダラダラと勉強時間だけが増えるのを防ぐためです

それで目標達成とするのは、流石にどうなんだということです。

↓メモのイメージです。達成したものから消していきましょう
PA0_0015_convert_20120421195847.jpg

私は優先順位ごとに番号を振ってますが
結局は気が向いたものからやるので、あまり意味をなしていません。笑

最後に、メモを作ること自体は2~3分程度ですが
これを面倒くさいと感じでしまう人にはお勧めしません。
メモを作ること自体が勉強のハードルになっては勿体ないです
私自身も、休日は必ずメモを作るという訳ではなく
「今日はやるぞ」っていう時にだけ作っていますので。
スポンサーサイト

目立たない内職の仕方

2012-04-18
学校で会社で、どうでも良い授業とか講義とかってありますよね
もしくは先生や講師の人の興味の湧かないお話とか。笑

そんなとき、せっかく大人しく座っているのだから
時間を自分にとって有効に使うため、こっそり他の勉強をします。
これがいわゆる「内職」です

内職を堂々と出来る環境なら良いですが
あからさまに他の勉強をするのは気が引けるという場面は多いです。
今回はそういうときに役立つ方法を紹介します

紹介しますといっても、方法は簡単で
クリアファイルを活用するというものです。

①勉強したいものを用意
参考書やノートの縮小コピー、ファイルから外したルーズリーフ等、
勉強したいものをノートや本ではなく、紙の状態で用意します。

②クリアファイルに紙を挟む
クリアファイルは透明ではないもので、
中がハッキリ見えない程度に色が付いたものが良いです。

③見たい時にクリアファイルを上から軽く押す
中の紙に書いてあることが透けて見えます。

クリアファイルを置いておく位なら何も思われないでしょう。
パッと見て、中に何があるかは分かりませんし
仮に他のものと分かっても、それを出している訳ではないので
普通なら先生や講師の人が気にするとは思えません。
PA0_0016_convert_20120418192412.jpg

しかし、上から押すと中の紙の内容が読めます。
いちいち机の中から出したり、ノートの下に隠したりするより
気付かれにくく、お手軽な方法だと思います。
PA0_0014_convert_20120418192436.jpg

私はよくする体勢は「頬づえ」です。
配られたプリントやテキストを読んでいるふりをして
その頬づえをついた腕のひじでクリアファイルを押して中を見ています。笑

<重要なコツ>
・あまりジーッと読まない(頭の中で復習、忘れてたら確認程度が理想)
・クリアファイル上に配られた資料等を置くと、さらに分かりにくくて良い
・1番前の席とかでは諦める


以上です。
今回、内職について書きましたがあくまで自己責任でおねがいします
仮にバレても、ちょっと怒られる位なら全然良いでしょうが
例えばバレたら殴られるとか、強烈な制裁を受けるような場面、
まぁ滅多に無いと思いますけど、そういう時は内職せず真面目に聞きましょう

周りの人に宣言作戦(結果)

2012-04-15
短期間の勉強目標を周囲に宣言することで
「言ったからには勉強しなきゃ」という気持ちを
自分の中に湧かせることを狙った周りの人に宣言作戦

私は、上司と先輩と同期の3人に宣言してきました。
(当然3人は興味なさげでしたが、付き合ってもらいました。笑)
宣言した目標は、今日までの5日間で20時間の勉強です

宣言の詳細は以前の記事で →周りの人に宣言作戦

結果から言うと、
今回宣言してきた目標は達成しました

今週は仕事で平日が忙しかったため、
水~金曜日では合計5時間程度の勉強しかできませんでしたが
土曜日の午後に6時間、日曜に10時間の勉強ができました。
勉強の進み具合そのものは微妙でしたが、とりあえず時間は達成です

そして、今回の「周りの人に宣言作戦」の効果ですが
効果テキメンとまでは言えませんが、ある程度の効果はあると感じました。

やはり自分から宣言して報告するとまで言った目標です。
勉強をしていないとき、ふとそれを思い出すと、
ほんの僅かながら後ろめたさのような感情を覚えます。

勉強中も、宣言したときの回想というのか分かりませんが
一瞬、3人の顔が頭をかすめるような事もありました。

最初だからかもしれませんが、1人だけで勉強する場合と比べ
「もう少し勉強しよう」という気分が少しは自分に湧いたかな?
と思っています。

この作戦で画期的に何かが変わるとは思いませんが
頭の中のほんの片隅に、「勉強しなきゃ」
という意識を僅かに芽生えさせる程度の効果はあると思います。


みなさんも、試しに周りの人に短期間の勉強目標を宣言してみては
ブログやSNS等で宣言するのもアリかもしれません。

ただ、ふとしたとき宣言した相手の顔が頭をよぎるのが良いと感じたので
取りあえず、実際に周りにいる人に宣言するのをお勧めします。

勉強中、どうしても分からない個所があったとき

2012-04-14
勉強をしていると、どうしても分からない個所がでてきます。
今回はその対処について書きたいと思います

参考書や問題集等で勉強を進めていくと、
いくら時間を掛けても自分だけ理解できないことが出てきますが
その理由は、大きく以下の3つに大別できます。

・語句や計算法等が、しっかりと説明されていない
・勘違いや思い込みをしている
・自分が取り組むにはまだ早すぎる

それぞれを簡単に説明していきます

<語句や計算法等が、しっかりと説明されていない>
これは参考書や問題集に問題がある場合が多いです。
語句や計算法を簡略化、または省略して解説されると理解が難しいです。
例えば、
「限流リアクトルは、タップ間が橋絡されたときに流れる循環電流を制限する」
参考書にはこう書いていたとしても、「橋絡」や「循環電流」とは何なのか?
という説明を省略されると、何がなんやら分かりません。
計算も、式変形を省略されると何故そうなるのか分からない事があります。

<勘違いや思い込みをしている>
これも本当によくある事です。
自分の中で「こうだ!」と間違って理解してしまい
その後、それと矛盾するような記述が出てきて混乱するパターンです。

<自分が取り組むにはまだ早すぎる>
参考書等に沿って勉強すればあまり無いことですが、
勉強の順序を間違えている場合です。
たし算を理解していない子に、かけ算を理解させるのは無理です。

以上3つの理由に分けましたが、これらへの対処法は全て同じです

その方法は、
①少し調べて分からないときは見切りをつけ飛ばす
②飛ばしたものは全てメモしておき、後で分かる人にまとめて聞く

単純ですが、もうこれに尽きます。
さっさと諦めましょう。聞きましょう
先生や勉強仲間に直接聞ければ早いですが、ネット掲示板等もアリです。

「分かるまで自分で調べること、どこまでも考えることが大切」
みたいな説教する人が未だにいますけど・・・
よっぽど高度な問題でない限り、時間がもったいないだけですよ

関係ないとこバラバラ探したり、不要で間違った式展開を繰り返すことに、
そんな勉強効果あるはずがありません。眠気とストレスが増すばかり。


少し調べて分からなけば、メモして飛ばしてトントン進めるか、他の勉強をする。
分からなかったとこは次の日にでも他の人に聞きましょう。

周りの人に宣言作戦

2012-04-10
いったいどうやったら勉強のモチベーションが上がるのか

色々考えていたところ、1人ではやはり甘えてしまうというか
すぐにサボったり、妥協してししまいがちと考えました。

ということで、今回は「周りの人に宣言作戦」をやってみます。
作戦の内容としては、
短期間の勉強目標を周囲に宣言する。という簡単なものです

そうやって周りを巻き込むと、
宣言した手前、やらなければという気持ちが湧いてきそうな気がしました。
という訳で、今日の会社で上司と先輩と同期の3人に宣言してきました
目標は明日からの5日間で20時間の勉強です

------------------------------------------------------------
中川(私) 「次の日曜日までに、会社以外で計20時間勉強します!」
上司 「えっ、急にどうしたん?無理しなくていいよ・・・。」
中川 「大丈夫です!月曜日に報告しますね♪笑」
上司 「俺に報告されても・・・笑。そういえば頼んでた資料は?」
-------------------------------------------------------------

こんな感じで、私と3人の温度差は凄まじかったですが、半ば強引に宣言しました。
3人は私の勉強に何も興味ないでしょうが、そんなことは気にしない

取りあえず現状、宣言して報告するとまで言った目標ですので
やらなきゃなって気分は湧きつつあります。
これは良い兆候かもしれません

このブログでも、目標達成はしたのか、
この作戦に効果があったのか、また報告したいと思います
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。