スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証明写真を取ってきました

2012-05-31
しばらく資格勉強から遠ざかっていましたが
私が今年受験する資格試験の申し込み期間が近づいてきたので
さきほど証明写真をってきました

自動撮影機が近所の本屋さんのそばにあるので、家から歩いて行ったのですが
なかなか憂鬱でした。笑
あーもう試験まで3ヶ月だなー・・・ヤバいなー・・・
道中ずっとこんなことを考えていました。

約1ヶ月勉強していなかったので、前に勉強した分も忘れているでしょうから
間に合う自信が無いというのが正直なところです。

私が受ける電験2種の一次試験は科目合格があるので
今年は素直に科目合格を目指すが、大穴で一発合格を狙うか・・・

一発を狙うと、どの科目も中途半端になって、
全科目不合格という事態もありえますからねー

そういえば、第一種放射線取扱主任者を受けるって決めたときもこんな感じでしたが
何だかんだ勉強法を考えながらやって間に合ったので、
これから頑張ってみようかなって思いました。

申し込みとか、受験票が届くとか、こういう節目ってのは
勉強しなきゃって気持ちを思い出す良いキッカケになりました。

大学受験にしろ資格試験にしろ、こういう節目に自分の勉強を見直すのは
モチベーションの維持に大切だなぁ、とそんなことをを考えた平日の夕方でした。

というか証明写真って700円もするんですねー
スポンサーサイト

出張から帰ってきました

2012-05-15
久しぶりの更新になります。
出張から帰ってまいりました

GWの最終日、会社の上司から急に電話があり
「今から会社に来て、そして明日から関東へ出張に行ってくれ」
というビックリの内容でした。

以前の記事で書いていた、会社同期との勉強会の最中でしたが
仕方ないので、その日はお開きとなってしまいました・・・

会社勤めなので仕方がないですが、こんなことってあるんですね・・・

しかも、移動日を合わせると10日間という長期出張となってしまい
ろくに準備もできなかったせいで、着替え等が足りず、
出張先で生活用品(タオルとかシャツとか)を買いました
勉強道具を一切持っていかなかったのも悔やまれます。。

仕事が落ち着いたため、今日ようやく帰って来れましたが
今は流石に勉強する気力がありません・・・笑

これから今までのように数日に1回の更新に戻していく予定なので、
どうぞよろしくお願いします

社会人と学生どっちが大変?

2012-04-26
社会人と学生って、どっちが大変なのでしょうか

よく聞くというか、定説となっているのが
「社会人は大変、学生は楽」という風潮です
とにかく会社、仕事は辛く厳しいが
学校、勉強は楽しい、仕事に比べれば楽という感じのようです。
はたして本当にそうでしょうか

まだ学生だった頃、
「仕事は厳しい、社会人になったら大変」
「学校は楽しい、勉強さえしてれば良い学生は楽」
親や先生どころか、テレビ等のマスコミも含め
働く大人達によく言われた覚えがあります。

学生の方は、こういったことを聞いて、
将来に対し、漠然とした不安を覚えるのではないかなと思います。
私も実際そうでしたし

しかし、いざ社会人になって振り返ると、
一番辛く大変だったのは、「高校時代」(特に受験生時)です。

当然、社会人となれば責任も重くなりますし
ノルマだ残業だ人間関係だ、辛そうなことをよく耳にします。

ただ、高校生だって大変です。
試験と点数に追われ、志の高い人は、日付けが変わるまで勉強なんて当たり前。

1人でコツコツ勉強は、個人的には会社で残業より辛いです。

その上、衣食住すべてに制限がかかってしまう高校生よりも
まだ生活が自由な社会人の方が楽しいのではないかと思います。

「学生の方が楽」という決めつけを一般論として唱える大人は
社会人をやっている自分は偉いんだと誇示したい、
学生時代に思い出補正がかかっている、
もしくは学生時代、苦労して勉強してなかった人達だと思っています。

苦労から逃げたんだから、そりゃ楽だっただろーって感じです

・・・こんな記事を書いて何が言いたいんだというと
「受験生になったが、勉強が辛くて仕方ない」というメールを数通いただきまして
そもそも、勉強は辛くて大変なんだって事が言いたいのです。

受験生の方は、人生でトップクラスに過酷な試練に差し掛かっているということで
ここを乗り切れば、いっきに楽になるんだ、
自分だけでなく、勉強している人はみんな大変なんだってことで
何とか頑張ってもらえればと思います

とはいえ、まだまだ焦って勉強するような時期でもないですけどね。
じっくり土台を作っていきましょう♪

ちなみに、私がこのブログを始めた理由は、
大学受験や資格試験に関わる勉強の辛さを少しでも軽減したいと思ったからです。
勉強する上で、負担を減らせる方法や、効率的な勉強、やる気の出し方・・・
良いものがあれば必ず報告しますので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

と、最後は宣伝っぽく締めるのでした

第1種放射線取扱主任者

2012-04-05
コメントをいただいたので、私が取得した資格の
「第1種放射線取扱主任者」について記事にしてみます。

放射線というと、
何だか難しい怖いものという印象持たれてる方多いと思います。
ところが実際、放射線というのは生活にはありふれたものです

医療、食品、建築、電力、農業、その他工業いたるところで使われており、
それに関わる研究施設、事業所、メーカー、役所など
放射線に関する知識が必要になる所は多岐にわたります。
この資格の受験者に、医療系の方が多かったのが印象的です。

という訳で、少しは放射線に関する知識があった方が良いと
新入社員だった当時に上司に言われ、受験することになりました。

受験が決まったのが5月の終わりか、6月の始めだったと思いますが
結局、2ヶ月半くらいの勉強で余裕をもって合格できました

準備期間の短い新入社員には難しい試験という印象が強かったらしく、
合格したときは、やたら褒めてもらいました。笑
しかし実際、内容をしっかり理解できているかと言えば微妙です
理解する勉強ではなく、試験に合格する勉強をしたからです

コメントをくださった、みゅうびさん。
難しい分厚いテキストというのは、おそらく「放射線概論」のことかと思いますが

理解することよりも、試験に合格することを第一に考えるのであれば、
兎にも角にも過去問の繰り返しで、
分からないときに概論で調べる程度で良いかと思います。

どうしても取っ付きにくい、まとまった表などが欲しいといったときは
「第1種放射線取扱主任者マスター・ノート」がおススメです。
賛否のある参考書ですが、読みやすさと、各項目のまとめは
飛び抜けて優れていますので、概論と併用すると良いかもしれません。
(大きい本屋さんじゃないと無いかも。。)

あと、私は高校化学の知識が残っていたのが大きかったです。
元素周期表や、無機化学反応式などは、おおよそ書ける状態だったので。
高校化学同様、暗記はゴロ合わせがおススメですそう時間もかかりませんよ♪

最後に私の免状の写真です
PA0_0012_convert_20120413103427.jpg

妥協か浪人か・・・

2012-03-22
国立大学後期試験の合格発表のニュースを見かけました。
努力した方が合格されているのを見るのは嬉しいですね

以前の記事で触れさせていただいたこともあるんですが
私も受験生のとき、前期試験で失敗し、後期試験での大学合格でした。

センター試験はまずますの結果で、足切りも回避できたのですが
国立大学の前期試験の数学で大失敗してしまいました・・・
他科目の理科や英語がそこそこ出来ただけにショックでしたね。笑

ちなみに、私立大学はセンター利用で早稲田に合格していました。
前期試験で失敗したくせに、ちょっと自慢です笑

そして国立大学後期試験、大学のランクを下げていたことと
筆記試験がそれなりに出来たことで、何とか合格できました。


前期で失敗した第一志望の大学に行きたい思いは強かったです
さらに親は浪人しても良いと言ってくれていました。

しかし私自身、前期を失敗してしまったことで気持ちが弱くなり
受験を終わらせたいという気持ちが湧いてしまったため
後期試験で合格した国立大学に進学することになりました。

そんな風に悩みながら、妥協しながらの進学であったため
大学在学中もコンプレックスを感じてしまうことがありました。
正直言って、今でも浪人すれば良かったかなって思うことがあります。

とはいえ、大学生活は楽しかったし、希望通りの会社に就職できたし
今の生活に不満があるという訳ではありません。
不満はないのですが、何だかどこか心残りがあるなって感じます。


もちろん、みんなが第一志望に合格するのが1番ですが
そう上手くいくはずもありません。
後悔しないような選択をして下さいね。
1、2年ぐらいでは焦ることありませんよ。

私は後悔している立場なので、偉そうなことは言えないのですが
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。