スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても勉強する気分ではなくなったとき

2012-03-30
普段勉強をしていると、
どうしても勉強を進める気分では無くなってしまうことありませんか
しっかり者にも、ズボラ人間にも起こることらしいのですが。

今回から、そういったときの対処について書いていきたいと思います。

勉強が手につかない、やる気になれないとき。。
身体が疲れている、テレビが気になる、片思い中とかフラれたとか・・
勉強が進められない理由がハッキリしている場合であれば
その理由に合った対策を考えられると思います。

ところが、特にコレといった理由もないのに
ある日ある時、突然勉強が辛くなってしまうことがあります

全くやる気が出ない、勉強がだるくて仕方ない
半ば鬱に近いような症状ですが、経験された人も多いと思います。

私の場合、月に2~3回くらいの頻度でこんな症状になります

時間はあるし、沢山寝て体調も良いし、大きな心配事もないし・・・
でも勉強が苦痛で仕方ない、やる気が全く起きない、そんな感じです。

こういうときの行動について、私の経験を踏まえつつ考えてみます。

勉強がだるくて仕方なくなってしまった場合の対処として、
・それでも強引に勉強をする
・勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う
・勉強から完全に離れ、思いっきり遊ぶ

という3つがあげられます。

もし明日明後日が試験本番というような状況であるのなら
甘えたこと言えないので、問答無用で強引に勉強するしかないんですが
ここでは、ある程度試験まで時間のある
いわゆる中だるみのような状況であるとします。

そういった状況で、私がおススメする対処法は
「勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う」です

というのも・・・
強引に勉強した場合、集中出来ないばかりか、勉強の苦痛が収まらず
憂鬱な状態がその日中、下手をしたら数日に渡って続いてしまったりします。

逆に思いっきり遊ぶ場合ですが、
そもそも、したくて堪らないという事が特にある訳でもないのに
その時の勉強を諦めて、適当に遊ぶというのは
ズルズル遊んで勉強しなくなる癖の種になる可能性を秘めた危険な行為です
私のような、すぐに妥協したり楽したりするような人間にはおススメできません。笑
しっかりと自分を抑制できる、意志の強い方には良いかもしれませんが。

次回は、
「勉強に関連することを行い、やる気の回復を狙う」について書く予定です。
良かったら読んで下さいね♪

勉強する習慣が全く無い!つづき

2012-03-27
前回の記事の続きです。
自身では全く勉強する習慣のなかった生徒の話です。

高校2年生の期末テストで赤点科目が2つとなり、親御さんが心配し
私が家庭教師をさせていただくことになりました。

聞けば、家での勉強はほぼゼロ。
普段ボンヤリ受けている授業と、
テスト直前の休み時間10分間で勉強をするのみでした。
当時は逆に、よくそれで赤点2科目で抑えたなぁって思いました

危機感は持ちつつも、自分では勉強ができない。
ネット、ゲーム、漫画が止められないと言っていました。

勉強は不思議なもので、
すればするほど勉強しなきゃなって気持ちになりますよね。
逆に怠けてしまうと、そのままズルズル勉強しなくなったりします。


・・・という訳で、その生徒を受け持ったときは
取りあえず勉強してもらうにはどうすれば良いか色々考えました。

他の生徒には全く出さない宿題を出してみたり、復習テスト作ってみたり。

しかしその生徒は宿題を一切せず、テストでは0点を取ってくれました

ただ私が見ている前なら、渋々ながら言う通りに勉強してくれましたけどね。
授業以外、自分では勉強しないといった状態です。

とはいえ、今までの全く勉強をしない状態から
90分つきっきりの授業を週2回するようになったのは大きかったようで
冬休み前の期末試験で赤点は無く、順位が50番上がったと嬉しそうでした。笑

そして生徒が高3になった春、今でもその事を思い出すと嬉しいのですが
授業が終わり少し雑談をしていると、
「今から頑張れば、〇〇大学いけるかな?」
と言われました。

将来のことを考えるのを何となく避けていたらしいのですが
勉強に抵抗が少なくなったことで、大学進学を目指すことにしたそうです

そして徐々に勉強量が増え、授業以外でも質問の電話が来るまでになりました。

受験後、その生徒は希望していた地方国立大に現役合格することができ
高校の担任の先生からは驚異の追い上げと褒められたようで
「国立大に一般入試で受かったのはクラスで2人だけ」と得意気でした


勉強を本当に全くしない、できないという方、
変な言い方ですが、
自分で勉強するようになるには、取りあえず勉強をすることです。
最初は辛いのですが、少しずつ楽になっていくと思います。


どーしてもその最初が無理という人は、
友人・家庭教師・塾、とにかく他人を巻き込んで、
半強制的に勉強するしかない状態を作るのが手っ取り早いかもしれません

勉強する習慣が全く無い!

2012-03-26
「自分では全く勉強しない。というか出来ない。」
家庭教師の時の生徒が言っていたことです。
今回は、勉強をする習慣が全く無いという場合です

その生徒なんですが、
高2の夏休み前のテストで、2科目赤点を取ってしまい
留年を心配した親御さんが家庭教師を頼んだという状況でした。

目標高く浪人なら良いですが、ズルズル留年は避けたいですよね・・・

生徒自身も、多少の危機感は持っていたのですが
部活とネット、ゲーム、漫画で強固に構成された日常は
なかなか変えることが難しいものでした

当時は、高校の授業でも聞いているような、いないような
ボンヤリと授業風景を眺めているといった感じとのこと。

変な話ですが、
全く勉強しない状態から、自分で勉強するようになるには
勉強するしかないと思います。


少しでも勉強してる人なら
モチベーションを上げて勉強時間を延ばすとか、
効率的な勉強を心がけるといったことになりますよね。

ですが勉強の習慣ほぼゼロから、勉強をするようになるのは
凄まじく大変なことであると思い知らされました。

結果としてその生徒は、無事に留年を回避したばかりか
地方の国立大学に現役で合格するという大健闘を見せてくれましたが、
正直言って、塾講師・家庭教師で受け持った生徒の中で
この生徒に1番苦労したような気がしています


記事が長くなってしまいそうなので、
試行錯誤の様子は次回の記事で書かせてもらいますね♪

お守りで感じる安心感

2012-03-20
みなさん、お守りとか持ってますか?
合格祈願とか、学業成就、進学祈願・・・名称やニュアンスは様々ですが。
お札だったり、石だったり、数珠だったり種類も色々ありますよね。

私は地元にある神社の「学業御守」というお守りを持ってます
毎年、初詣は地元にある神社に行き、お守りを買うようにしています。
何となく続いている習慣の1つです。

このお守りがあるから、勉強が効率よく進むという意識は全く無いですが
お守りを持っているという謎の安心感があります。笑

また、私は勉強用のトートバッグに付けているんですが
ふとお守りが目につくと、勉強しなきゃなって気分にもなります。

特に受験をされるような方だと、お守りを持ってることは多いと思いますが
もし、そういえばお守りとか持ってないなって人がいれば
自分の好きな所の好きなもので良いので、
何か勉強にかかわるお守り等を持ってみると良いかもしれません。
モチベーションの維持に少し役立つと思います。

ただし「このお守りやパワーストーンで学力うなぎ上り!」みたいな
やたら高額で胡散臭いものは買っては駄目です
あと、勉強をしないで神頼みってのも止めましょう。笑

結局最後は自分の力であって
あくまで、お守りはその手助けをしてくれるだけです。


これは私が付けているお守りです。
PA0_0006_convert_20120320235249.jpg

ご褒美作戦(結果)

2012-03-05
昨日、一昨日の2日間は休日だったので
勉強した分だけ自分にご褒美を与えるという、「ご褒美作戦」で
勉強をはかどらせることを狙ってみました。
(作戦の詳細は前回の記事で)


しかし結果からいうと、今回この作戦は失敗でした
勉強時間は増えていませんし、はかどったという気持ちもありません。

失敗の理由を考えると、以下のようになりました。

・30分で100円のルールだが、ご飯には190円のカップ焼きそばで満足
・ご褒美のアメやガムに段々飽きてしまい、そもそも欲しくない
・お菓子やご飯を我慢すれば、勉強をしなくて済むという意識が芽生えた


ハッキリいって、全く効果は無しでした・・・
ご褒美作戦は、もっと魅力的なご褒美がないと駄目な気がします。
ご褒美に向かって頑張ることを狙ってるのに、
そのご褒美を我慢すれば勉強しなくて済むんだって気持ちになってしまっては
もはや何の意味もありませんね

とはいえ
いちいち高価なご褒美を自分に用意していては財布がもたないので
私のような面倒くさがりの人間には向かない作戦でした

« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。