スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトボード勉強法

2012-02-20
今から1年位前になるんですが
ホワイトボードを勉強に取り入れると良い
と会社の先輩から聞きました

どういう風に勉強で使うのかというと、

その日に学習した事柄を、ホワイトボードにまとめ
それを自分の部屋などの壁に掲示しておく


というものでした。

何でも、その日に学んだことを振り返り復習すると同時に
限られたスペースにまとめようとすることで
記憶をしっかりと定着させ、理解を深める効果があるとうことです。

さらにそれを掲示しておくことで、
次回ホワイトボードを消すときまで、復習ができるということでした。

こうして、勉強するたびにホワイトボードを消しては更新していくのが
ホワイトボード勉強法ということです。

それを聞いた次の休日、私はホワイトボードを買っていました
60cm×40cmくらいの。

なんて画期的な勉強法なんだと、そのときは思いました。
私は当時、電気初心者で電験3種の資格を取ろうと勉強を始めたばかりでした。

が・・・
結果から書くと、それは私には向いていませんでした


ホワイトボードを買った日。
私は1時間くらい勉強をし、それを頑張ってホワイトボードにまとめました。
確か20~30分かかったように記憶しています。

ホワイトボードは中々キレイにまとまり、その日は満足でした。

そして、そのホワイトボードが更新されることは二度とありませんでした・・・・

私がホワイトボード勉強法に挫折した理由は大きく2つ
・ホワイトボードにまとめるのが面倒くさかった(時間がかかりすぎる)

・頑張ってまとめたホワイトボードを消すのが惜しい


以上の理由です。

私のように面倒くさがりで、何かすぐ惜しくなるようなタイプの人間には
不向きな勉強法であると感じました

先輩のように、マメでコツコツ頑張れる人には良いのかもしれません。

ちなみに・・・
1年くらい前、電気の勉強を始めたばかりのときに
たった1度だけ頑張ってまとめたホワイトボードは今も掲示しっぱなしです

ズボラですいません。。。


これが1年近くそのままのホワイトボードです↓
よく見ると、所々消えかかってます笑
ホワイトボード







スポンサーサイト
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。